浮気をする夫の傾向

夫の浮気をチェック

夫の浮気をチェックする方法など昔から色々いわれているもので、何ともないうちなどは素通りする情報になるのでしょうが、これが一旦自分の身に降りかかってくると、たじろぎ頭の中が真っ白になるものです。

 

このページでは昔と今の夫の浮気の傾向について紹介します。

 

 

昔からよくいわれることとしては、ワイシャツに香水や口紅がほんのりと付いていたとか、ズボンのポケットに見慣れぬものが入っていたなど、まるでドラマのワンシーンのような出来事がとらえてあります。

 

しかしそんな分かりやすい状態を作る男性は、今どきいないと同じなのです。

 

 

なぜなら分かり切ったことで、家に帰って妻からきつい質問を投げかけられるだけだからです。

 

その後は監視のような目に耐えながら、更に動きが取れなくなるのが普通だからです。

 

 

 

どこまで許せるのか

 

残念ながら、もっと巧妙に気づかれないようにして行動することを考えるのが、今の男性でありまた夫なのです。

 

単に浮気といっても、行きつけの飲み屋さんで可愛い女の子と戯れるだけなのか、或いは本当に、心身ともに相手に関わってしまうのかといったところです。

 

妻側がどこまでなら許せて、浮気と考えないのかということも含めて、自分なりのルールや基本といったものを、一度決めておくのも良いのです。

 

 

 

一旦家に帰ってから電話で呼び出されて飲みに行ったなどや、行先を変えて行くところに嘘があるなど、理由を作っていい訳ともいえる答えの数々です。

 

それでも罪悪感があるのか、急に優しくなったり通常では嫌な顔することも、すんなりと許してオッケーを出すなどです。

 

つまり心の中では悪いと思っているからこそ、自分の態度に何となく出てしまうものです。

 

時間を気にしてそわそわしたり、何をいっても上の空、家にいながら「心はここにあらず」といった状態も特徴の一つとなります。

 

 

 

究極なものは、下着が自分で用意したものと違っていたなども、実際に夫の言い訳は何でも怪しくてなりません。

 

昔から浮気は夫だけではなく、夫婦二人に原因があると良くいわれたものです。

 

 

その解釈も分からないではないが、女性は結婚すると大抵は子供ができ、それと共に育てる時間や対応が夫に比べ大幅に多いものです。

 

「子供が出来たら自分のことをかまってくれない」という男性がいますが、乳飲み子の子育てといったら、本当にしたことのない人には分からない苦労の連続です。

 

 

男性はその実情が分かっていないので、大変さが理解できず、つい浮気に走ってしまう傾向があります。

 

一生隠し通すくらいの根性が無いのであれば、浮気は割高になり一生を棒に振ることになりかねません。

 

 

夫の浮気から立ち直る方法はある?